再利用と再使用

再使用と再利用

再使用での例文で、こちらの文章を読んで意味を把握できるように確認してもらいます。
お風呂上がりのために拭いたバスタオルを使用した後乾き終えるまで待っていれば、そのバスタオルはまだ再使用できるようになる。
この文章ではタオルに何も加工しないでもう一回使えるということで再使用することができるということで意味がしっくりきます。
再利用の文ではこうなります。
お風呂上がりのために拭いたバスタオルがもう使えないので、ハサミで裁って雑巾に再利用した。
この文章でバスタオルを加工して雑巾に新しく変えるということで意味がしっくりきます。
このように意味をしっかりと把握することで綺麗な文章を作り上げられることができるのです。

最後に

再使用と再利用では英語になるともっとはっきりと理解をすることが簡単になるかもしれません。
それぞれどちらも英語に変換するとリデュースとリサイクルになります。
こちらは環境問題で話題になっている3Rのうちの二つです。
リデュース、リサイクル、リユースと地球の資源を無駄にしないようにと決められている言葉であり、私たちの環境問題の大きな一つを指しています。
これらの意味を覚えておけば、再利用と再使用での言葉の意味をはっきりと区別することができるでしょう。
もし環境問題で、仕事の時に再使用の話題が出てきたら、物を捨てないでもう一回使うこと、再利用ならば捨てられるものを分解などを施して、さらに新しい製品に組み立てることだと思っていてください。


この記事をシェアする