ニュアンスに気をつけろ

再使用の意味を勉強

再使用とは、一度使ったものを再び使うという意味です。
一見わかりやすいような内容かもしれませんが少し複雑な意味にもなり得ます。
ではどういうことなのか説明しましょう。
例えば使い古されたテレビがあります。
これを再使用するということはどういうことでしょうか。
答えはテレビをそのまま加工したり、分解してテレビの中にある部品のパーツを取り替えて使うようなことではなく、譲り受けたままの状態でそのまま使用することです。
何かをいじって使うとかではなく、きちんと元の状態のまま手付かずに使用するということであり、新しく作り変えるということではありません。
壊れていてテレビが映らないので、分解してテレビの部品を変えて映る状態にしたのならそれは再利用という行為ではありません。

再使用の例文

ここで意味が少しでも把握できたのであれば少し文章を作成してみましょう。
姉から洋服をもらったがその服は少し穴が空いている、けれども妹はその服を再使用して部屋着にしている。
再使用での意味はもらったものをそのまま使用しているのですから、妹は服にアップリケや穴を塞ぐ行為をしておらずその服のままで使用しているため再使用している意味合いになります。
もしここで文章が、その服は少し穴が空いている、だから妹はその服にアップリケをつけて穴を塞いだ、というような文章になったら服そのものが変わってしまい、再使用とは言えなくなってしまいます。
こうした微細な出来事だけで大きく意味が変わってしまうのですからもしビジネスなどでこの問題が出てきたら気をつけましょう。


この記事をシェアする