再利用とは何

再利用の意味を勉強

再利用とは、一度使った製品に何か手を加えて新しい製品に生まれ変わることです。
こちらもまた一見わかりやすい内容かもしれませんが、もし再使用と意味を間違えて認識してしまうと大きな問題が生じてしまうかもしれません。
そのためこちらの再利用という言葉も例文を使って練習していきましょう。
使い古されたテレビがあり、こちらは完全に壊れてしまい、何も映らなくなっています。
その状態でテレビを分解してテレビの中にある壊れた部品と新しい部品を取り替えたことで映るようになりました。
このように手を加えてテレビを新しく作りかえること、それが再利用です。
再び使うのではなく、1段階なんらかの工程を行なって修理や加工をすることで再利用すると呼べるようになるのです。

再利用の例文

こちらは再利用の意味をきちんと把握できたか例文を使って確認してみましょう。
自分のとても大切なパソコンがベッドから落ちて壊れてしまった。
壊れていないパソコンの部品の一部を取り出して、再利用するために別のパソコンに実装した。
パソコンを分解し別のパソコンに実装すること、この手を加えて作業することでパソコンの部品を再利用するという意味となっています。
もし再使用ということならば、落ちて壊れてしまったパソコンをそのままずっと使っているということになりますので意味は全く違います。
このように再利用という本当の意味を把握できたのであれば今後気を付けて会話で使ってみましょう。
もし製品でのコストの話で再使用と再利用の使う場面が出てきたら少し気を付けてみましょう。


この記事をシェアする